クレジットカードによる寄付のお申込み

  • ・申込者情報
    ・寄付情報
    ・支払い方法の入力

  •  
    ・入力情報の確認
     

  •  
    ・寄付受付完了
     


下記のフォームにご入力の上、「お申込み内容を確認する」をクリックしてください。
ブラウザの[ 戻る ]ボタンは利用しないでください。要求された操作が正常に完了しない場合があります。

は必ずご入力ください

申込者情報の入力

会員種別       
法人・団体名 
法人・団体名フリガナ 
担当者氏名  姓    名 
担当者氏名フリガナ  姓    名 
氏名  姓    名 
氏名フリガナ  姓    名 
郵便番号   - 
都道府県 
市区町村 
市区町村をご入力ください。
市区町村以下 
市区町村以降の住所をご入力ください。
建物名など
アパート名・建物名とお部屋番号をご入力ください。
建物名など
市区町村以下 
市区町村 
都道府県 
郵便番号 
国名 
生年月日   年  月  日
性別     
電話番号 
メールアドレス 
確認のためにもう一度ご入力ください。

寄付情報の入力

寄付金額 





 円
※1,000円以上でお願いいたします。
寄付の仕方   
 

アンケート

国立成育医療研究センターの寄付プログラムを知ったきっかけをすべてお選びください  
 
 
 
 
 
 
   (具体的に  )
今回、寄付を検討することになったきっかけをお選びください(もっともあてはまるものを1つ)  
 
 
 
   (具体的に  )
今回、数ある寄付先からお選びいただいた理由を教えてください  
 
 
 
 
   (具体的に  )
今回のお申し込み全般を通じ、お気付きのことや、ご要望などございましたら教えてください

カード情報の入力

カード番号 
ハイフンは入れず入力して下さい。
有効期限   月  年
セキュリティコード  セキュリティコード
VISA、MasterCard、ダイナースクラブ:セキュリティコードは、クレジットカードの背面に記載されている 3 桁の番号です (メインのカード番号に続けて表示されています)。

下記のカードがご利用可能です。
こちらのカードがご利用可能です

利用する金融機関の選択

銀行コード 

振込先は決済代行会社「みずほファクター」と表示されます。
別途振込手数料がかかります。

利用するコンビニの選択

コンビニ 
ご利用されるコンビニの変更はできませんのでご注意ください。
国立研究開発法人国立成育医療研究センターにおける「重い病気を持つ子どもと家族を支えるみんなのお家」設立等に係る寄付受入規程

(目的)
第1条 この規程は、国立研究開発法人国立成育医療研究センター(以下「センター」という。)寄付受入規程(平成22年規程第32条)第12条第2項の規定に基づき、「重い病気を持つ子どもと家族を支えるみんなのお家」の設立・運営のための寄付金等の受入れについて、適正を期することを目的とする。

(寄付受入の原則)
第2条 センターは、第1条の目的のために寄付を受けるものとする。 2 寄付金等は、理事長において受領するものとする。

(寄付に係る禁止事項)
第3条 センターは、寄付の受け入れに関して、次の各号の事項を行うことができない。
 一 寄付により取得した財産を無償で寄付者に譲与または貸与すること。
 二 寄付者に対して、社会通念上許容できない便宜を図ること。
 三 反社会的勢力等に関連する者から寄付を受けること。
 四 その他、当該寄付を受けることにより、センターに不利益が発生すると認められる寄付を受けること。

(寄付受入の決定等)
第4条 寄付受入れの決定は、理事長が行う。
2 理事長は、一回の寄付が500万円を超える場合の受入れについては、理事会の審査を経て受入れを決定するものとする。
3 理事長は、寄付の受入れ状況について、四半期毎に理事会に報告しなければならない。

(寄付の受入)
第5条 センターは、寄付の申し出のあった者(以下「寄付申出者」という。)から様式1に定める寄付申出書またはホームページにおける所定の手続きにより、寄付の申出を受けるものとする。ただし、センターから特定の団体等に寄付を申請した場合はこの限りでない。
2 理事長は、寄付申出者から寄付を受入れるときは様式2に定める寄付受入書を、また受入れが適当でないと認めたときは様式2-2に定める寄付辞退書を、それぞれ寄付申出者に交付するものとする。ただし、ホームページにより寄付を申請した場合、この限りでない。

(寄付の受領)
第6条 理事長は、10万円以上の寄付金を受領したときは、寄付者に対し様式3に定める寄付金領収書を送付するものとする。ただし、寄付が物品等である場合は様式3-2に定める寄付受領書を送付するものとする。
2 理事長は、寄付の受払いについて、様式4により備えなければならない。
3 寄付金は、専用の銀行口座を設けて管理するものとする。

(寄付の使用)
第7条 寄付金等は、寄付の目的に従い、適切に使用しなければならない。

(寄付者への報告)
第8条 理事長は、寄付者に対して、毎年速やかに前年度における様式5に定める成果の概要報告書を寄付者へ報告するものとする。ただし、一回の寄付金(物品である場合はその時価)が100万円未満である場合はこの限りでない。

(その他)
第9条 この規程に定めるもののほか、寄付金等の取扱いに関して必要な事項は、寄付者と協議のうえ定めることができる。
2 寄付金等に係る会計経理については、この規程に定めるもののほか、センター会計規程(平成22年規程第57号)、その他センターの関係諸規程の定めるところによる。
3 寄付金等に係る受入窓口は、総務部とする。

附 則

(施行期日)
この規程は、平成26年1月27日から施行する。
上記、ご確認のうえ同意される場合は、「同意する」にチェックを入れてください。
 

  • 個人情報は、寄付に関する用途以外には使用しません。また、セキュリティには十分配慮します。